スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少しのイーストで ゆっくり発酵パン』の【基本の食パン】。

昨日、久々に食パン焼きました。

パン焼きから数ヶ月離れてたんだけど、HBで焼いた食パンに買ってきたばかりのアヲハタ「甘さの少ないジャム」シリーズを塗って食べたらあまりに美味しくて、そこから突然モチベーションがわいてきたんだよね~。
ちょうど台風で幼稚園もお休みだったから暇だったし、子供たちにも少し手伝ってもらって♪

今回作ったのは『少しのイーストで ゆっくり発酵パン』(高橋雅子・著)に掲載されてる【基本の食パン】。

この本の特徴はオーバーナイトっていう冷蔵庫で長時間で発酵させる方法をとっているところなんだけど、買った当初プチパンを焼こうとしたものの生地が全然発酵しなかったもんだから長らくお蔵入りにさせてしまっていて…。
だけど、せっかく買った本だからまた挑戦してみることに。

使用した粉は【キタノカオリ】、2斤分の500g仕込みました。





前回のことがあったから、ちゃんと発酵してくれるか心配だったけど、今回は大丈夫だったみたい?
ただ、食パンの背が低いところを見ると発酵が足りなかったのかなぁとも思ったり。

それでも味は文句なく美味しかった!
しーーーっとり柔らかい!
作った甲斐があったなぁ…。
半分にカルピスバター、もう半分にアヲハタのアップル&シナモンジャムを塗って食べました♪

忙しさを理由にパン作りから離れてたけど、こね台を買ったおかげか作業がすぐ終わるようになったし、また再開してみようかな(*´∀`*)

非公開コメント

Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。