スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこねこにゃんこ。

じゃーん。

牛タンカルビ


このたび、我が家の猫の数が3匹一気に増えて、14匹になりました。
丑年生まれの牛柄の子猫です。


ことの始まりは金曜日。
アパレル系の会社に就職が決まって、久留米のゆめタウンで研修として働いている妹からの電話。

「お姉ちゃん、ゆめタウンの立体駐車場の3Fにまだ小っさい、生まれてそんな経ってなさそうな子猫がおるんよ」
「事務所の人が今日中に貰い手がなかったら、明日保健所に連れて行くって」
「うちどうすればいいやかー!」
「さすがに3匹もつれて帰ったらお父さんもお母さんも怒るよね…」
「でも、放っておけんやん!??」

答えは決まってるくせに、後押ししてほしくて電話してきたんよね…こういう場合。
もう見つけてしまった、知ってしまったからなぁ。
うちの家族が放って置けるわけなんか、ないんだよね。

「とりあえず連れて帰るしかないやろー」
「うちでダメなら他に飼い主探せばいいし」
「他に飼い主が見つからなかったら、うちで買ってもらえるように説得するしかないやん」
「とりあえず、子猫の世話も大変だろうし、私も今から実家帰っちゃー」
「私とハルがいれば、お父さんとお母さんも機嫌がよくなって、うまくいけば許してくれるかもよ(笑)」

そんなわけで、そのとき打ってる途中だった生パスタを茹でてざーっとカルボナーラにしてがーっとかっこんで、実家に向かいました。


久々に見る生まれて間もない子猫。
いやー、可愛いねぇ!
3匹でころっころくっついて!
みーみーちっちゃな声で鳴くんだよ。
生まれたばかりの子猫も、猫の兄弟を見るのもサシャが6匹の子猫を生んで以来だから、懐かしかった。

あらかじめ電話で聞いてたお母さんは最初「もー!」と怒りつつ、子猫の可愛さにめろんめろん。
いきなり3匹の子猫を突きつけられたお父さんは漫画のごとく目を丸く、口をあんぐりあけて座椅子になだれ込んでしまったけれど(笑)。
いつものパターンからいって、なんだかんだで可愛がりそうな感じ。
お母さんも言ってたけど、やっぱり私とハルが帰って上機嫌のとこで攻めたのがよかったみたい(笑)。


牛タンカルビ


牛タンカルビ


注射器でハルの残った粉ミルクを飲ませたら3匹ともいきなり復活して、日曜日になる頃にはジャンプしてダンボールから脱走できるくらいに元気になりました。
こういう生まれて間もない子猫は拾った時の健康状態が余りよくないことが多いので、よかった!


名前も決めました。

牛タンカルビ


兄弟3人で1匹ずつ、最初はちま(私)・ピノ(弟)・牛(ぎゅー)(妹)ってしてたんだけど、ぎゅーの名前だけ聞いたお父さんが「なんやこいつら!牛タンカルビか!」って言ったことから、

牛(ぎゅう)・タン・カルビ

で決定!!

一番牛柄の子が牛(ぎゅー)、頭がちょっと茶色くトラになってる子がカルビ、頭の上が黒くてお尻のとこにまるいブチがある子がタン。

覚えやすくて皆気に入ってます♪
お父さんのつけた名前にした方がお父さん溺愛するからね…そういう事情もあり(笑)。
弟だけ最初嫌がってたんだけど、折れてくれました。


それにしても、猫も人間も赤ちゃんは変わらんね。
おんなじ様な行動をしてる(笑)。
ハルも牛タンカルビが大好きで、はいはいで追いかけながら何故か「きゃー!きゃははっ!」と大爆笑。
普段あやさないと声を出して笑わないのに…びっくり!
赤ちゃんも子猫もお互い怖いもの知らずだから、ハルは子猫をつかもうとするし、子猫はハルが気になって近づいていくし、とても目が離せない;
でも、これから3匹と1人で一緒に大きくなっていくんだなぁ、と思うとほんわかするねぇ。
もうちょっとしたら一緒に遊べるかな??
楽しみだなぁ。


…あー、早く実家帰りたい!
5日後帰るけども!
早く子猫が見たいー!(笑)
はやく5日経たないかなー!

非公開コメント

Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。