スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*新婚旅行5日目*ヴェルサイユ宮殿半日観光・自力でパリ観光。

3連休は鉄矢君のご両親と鹿児島・宮崎を旅行してきました!
砂風呂も温泉も気持ちよかったー(*´∀`*)

*****

この日の午前中はヴェルサイユ宮殿に行ってきました。

P1120070.jpg


本当は最初に中を見る予定だったのですが、ツアー客の中に時間にすばらしく遅れてきた3老人がいらっしゃりまして…。
そのおかげで、時間がおし、宮殿の内部の後で見るはずだった庭を先に短い時間で見ることに…。
(因みにこの3老人は何も悪びれることもなく、宮殿の中でも外でも非常に大きな態度をとっておられたので、正直同じ日本人として非常に恥ずかしかったです;)

さすがというか、なんというか…。
広くてきれいなお庭に、ただただ唖然とするばかり…。
手入れがしっかりとなされていて、木も花も池もきらきらしていました。

あー、もっとゆっくり見たかった!
もっと見る時間がほしかった!

…ぶっちゃけ、3老人が時間通りに来ていれば、ちゃんともっと時間がとれたんじゃないかな…(´v `;)
少なくとも、最初宮殿に着いてから中に入れるか入れないかわからない状態で門の前でうろうろする時間は必要なかったはずだし。

言ってもしょうがないんだけども、くっ、口惜しい…!(;゚Д゚)


宮殿の中は、「豪華絢爛」という四文字熟語がしっくりくるような贅沢さ!
フランスの栄華を垣間見たような気がしました。

ルーが気に入ったのは、マリー・アントワネットのお部屋。
全体的にピンクや金や花柄であふれていて…。
か、可愛かった…!
非常にルー好み!(*´∀`*)


P1120179.jpg


ちょうど鏡の回廊の修復も終わっていて、ちゃんと見ることができたの。

ただ、宮殿内はすごい人であふれかえっていて、あんまりゆっくり見たり(やっぱり時間がいっぱいいっぱいで;)、写真を撮ったりできなかったことが心残り…(´;ェ;`)
いつかもっかいちゃんと見れる日が来るといいなぁ。
半日観光じゃとてもとても足りない!


ヴェルサイユ宮殿の半日観光のあとは、自力でパリを観光してきました。
ルーたちの宿泊したホテルはオペラ地区にあり、徒歩でのパリ観光も可能だったので、今回あえてメトロは利用しませんでした。

P1120311.jpg


まずは、凱旋門ー!

お、大きいー!
ナポレオンがカルーゼルの凱旋門を見て、「これじゃ小さい!作り直せ!」って命令したのがわかるような気がするよー。
いやはや、作り直させただけある大きさ!
カルーゼル凱旋門とは比べ物にならないくらい!

上まで頑張って上ってったよ。
かなりきつかったー!;

螺旋階段がどこまでも続いてるんだけど、その螺旋がねぇ、とにかく小さくて…。
まるでその場でぐるぐる回っているかのような錯覚を覚える始末(笑)。
目がぐるんぐるん回って、ちょっと酔っちゃいました…。

凱旋門の上からはパリの街が一望できて…。
なんともいえない気持ちよさ、そして達成感!


凱旋門を上って下りた後は、二人でシャンゼリゼ通りを歩きました。
なんかシャンゼリゼ通りを一緒に歩いてるっていうだけでちょっぴりロマンチックな気持ちになっちゃうんだから不思議だなぁ~(*´ェ`*)ポッ

人通りが多いんだけど雑然としてなくて、とてもいい気持ちで歩けました。

ルイ・ヴィトンの本店も見ちゃったよ!
なんかすごかった…。


P1120313.jpg


途中でちょっと休憩して、行きがけに買ったアンジェリーナのケーキを食べることに…。
でも、結局フォークがないことに気付いて、マドレーヌだけを食べたんだけども。

因みにこのケーキ屋さん、1903年から続いてる有名なとこなんだって!


それからさらにシャンゼリゼ通りを歩いたり、色々見て回ったりと、徒歩でひたすらパリを観光。
すんごい歩いちゃいました。
自分たちで回ると他に左右されないし、二人で仲良く歩けるから、楽しい♪


大体ほとんどのものを見て回って…突如ピザが食べたい!そぅだ、ホテルのそばのピザハットで注文してみよう!という欲求に駆られたルーと鉄。
鉄矢君がピザを注文して受け取りまで待って、ルーはホテルに戻って色々と準備…。

が、いつまで待っても鉄矢君が戻ってこない。

ピザができるのは注文して30分後の6時半、夕食は夜の7時半からだっていうのに…。
この時点で時計の針はもぅ7時近くを指していました。

探しに行こうにも携帯もないから入れ違いになる可能性もあるし…。
どぅしよう…。
…近くでサイレンの音が聞こえる…。
なんか、怖い…。
よし、7時過ぎたら探しに行こう!

と、半泣きで鉄を待ち続けるルー。
あぁ、7時だ…。

と、その時!
「ただいまー」ってピザを持った鉄矢君が…!

どぅやら、店員が注文をすっかり忘れていたらしく、6時半からの作り直しだから7時になっちゃった、というわけなんだって。

もぅ…!
ダツリキ…。
フランス人に限らずだけど、なんでラテン系の人たちはこんなにアバウト&ルーズなのー!??
宅配ピザとか日本じゃ30分以内で届けにまで来てくれるわよ!

一応お詫びにコカ・コーラのボトルはもらったけど…。
もぅ、レストランに行かなくちゃ行けない時間じゃん!
ピザ食べれないじゃん!
帰ってくる頃には、チーズが固まってるじゃんー!!

悔しかったので、二人でチーズを伸び伸びさせながら半分くらい食べて、走ってレストランまで向かいました(笑)。


この日の夕食はシェフロットというレストランで。

この間のレストランには及ばないけど、ここもまぁおいしかったー!
けど、洋食続きのここ数日…さすがに若干胃もたれ気味…;

鉄矢君はここで出された前菜のサラダに添えられてた臭みの強いチーズがダメだったみたい。
んで、ルーのサーモンのカルパッチョと交換したんだけど…。
これはこれで…味付けが、たぁぷりのオリーブオイルにレモンを絞っただけだったのね。
…やっぱり、もちょっと味がほしい…(´v `;)
あと、オリーブオイルたぁぷりもきつい;
そばにあった塩をひたすら振りかけて食べました。

因みにルーは臭いチーズ平気でした。
むしろ、臭みの強いチーズと甘い洋梨の具合がすごいマッチしてて、おいしく食べれちゃった(*´∀`*)

あぁあ、でも…。
胃もたれとピザ食べてきちゃったこともあって、最後あたりは割といっぱいいっぱいでした…;
ルーの注文したメインディッシュのステーキ、激硬だったし;
いくら噛んでも繊維がまったく噛み切れなくって、ほとんど丸呑み状態で飲み込む羽目に…とほほ;


そしてデザート!

あま~~~~~い!

鉄矢君のがバニラアイスの入ったシューにチョコレートシロップをどばっとかけたもの、ルーのがこれまた激甘のタルト・タタン!
あ、でも、タルト・タタンにはぜんぜん甘くないクリームチーズが添えられてて、それと合わせながら食べたらちょうどいい甘さになっておいしかった♪

結局食べきれなくって残しちゃったけど…;


さてさて、いったんレストランからホテルに戻って、パリのナイトツアーに参加。

生憎と雨が降ってたんだけど、雨できらきら光るパリの街がすっごくきれいだった!
雨が降ってくれて、かえってよかったかもー。

P1120388.jpg


最初に行ったのは凱旋門。
写真を撮るために外に出たら…ルーの晴れ女力のおかげ!??
普通に雨がやんでくれました(笑)。
夜の凱旋門も昼と違った顔があって素敵…vV


次に向かったのはエッフェル塔…。
その場で10分くらい待つと…。

P1120411.jpg



きらきらきら~~~★


夜のエッフェル塔は、23時…だったかな??
になると、きらきらと瞬くんです!

もぅ本当にきらきら★
すっごくきれいで感動しちゃいました。
楽しかったなぁ。

ナイトツアー、すごいお勧めですよー!
フランスでは外が明るかろうが地元民だろうが夜に出歩くのはものすごく危険で、こぅいうツアーじゃないとホテル等の室内でしか過ごせないので、その点でもナイトツアーはいいですよ♪


…それからバスでホテルまで送ってもらって…。
ちょっと休んでから、ピザの残りとアンジェリーナのケーキを食べました。
アンジェリーナのケーキ、これもまた…

あま~~~~~い!!

げ、激甘…ッ!
おいしいんだけど、甘すぎる~;
日本のケーキの3~4倍は砂糖が入ってるんじゃないかってくらいの甘さでした;
砂糖なしの紅茶がほしい~!



あぁ、パリの街とも明日でお別れか…。
本当に楽しかったー!
夢みたいな時間だった。



……。



そんなこんなで、パリで過ごす最後の夜は更けていったのでした…。

テーマ : フランス   ジャンル : 旅行

非公開コメント

Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。