スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロの巻。

8月4日、ルーの実家で飼っていたわんこのシロが、永眠いたしました…。


8月4日。
ルーと鉄は大分であったミスチルのライブを堪能して、ちょうどホテルに戻って一息ついていた頃でした。

日付が変わって5日、1時半…。
妹から電話が。
妹からはよくくだらないことで電話がかかってきていたので、その時も「どぅせたいしたことじゃないやろうなー」って思いながら電話をとりました。


電話の先の妹は、号泣していました。


その電話はシロの死を告げるもので、妹の話によると。
その日お父さん、お母さん、妹が映画を見て帰ってきた夜10時には、シロは元気でいつも皆が帰って来た時はそぅしていたように、一生懸命しっぽを振りながら妹たちを迎えていて…。
妹もシロを可愛がってから家に入ったそうです。
そして夜中の1時、お母さんが犬のご飯を持って外に出ると、すでにそこには息を引き取ったシロが横たわっていたんだ、と…。


もぅ12年以上は生きているおばあちゃん犬で、狂犬病の注射に行った時に心臓が弱ってるって言われてたんだけど、それでもシロは元気だったし、まだ大丈夫だって、なんとなく安心してた。

あまりに突然で、なんだか実感がわかなくて、妹から電話があった当初は呆然としてて、とりあえず落ち着いて妹をなだめて電話を切ったんだけど…。


シロの写真、手元にあったっけ…。
アナログの写真ならいっぱいあるはずだけど、全部実家だなぁ…。
自分でデジカメ買ってから何枚か撮りはしたものの、やっぱり家の中にいる猫と比べて外にいる犬の写真って少ないんだよね…。
今度いっぱい写真撮ろうって思ってたんだっけ…。

…もぅシロの写真は撮れないんだな…。


って思った瞬間、涙が噴出してとまらなかった。


その日は泣きながらそのまま眠ってしまって…。

何度も、シロの夢を見た。
妹からもぅ1回電話がかかってきて「シロはものすごく弱ってはいるみたいだけど、まだ生きてたよ!」って連絡がある夢。
私が実家で布団を干そうと、自分の部屋の窓から下を見たら、いつものようにシロがこっちを見てしっぽを振ってる夢。

何度も見た。

だから、起きた時は妹からのシロの死を告げる電話自体が夢だったんじゃないか…って錯覚したりして。
着信暦を確認してがっかりした。

やっぱり実際に見たわけじゃなかったから、実感がわかなかった。


最近になって、やっと実感がわくようになったし、泣かずにシロのことを思い出せるようになりました。



野良犬だったシロ。
私が12歳の時に、当時飼ってた秋田犬のサブの元にひょっこり現れて…。
メスだったこともあってか、サブとは仲良しで…それからちょこちょことうちに顔を出すようになって。
でも、それから数日後に保健所に連れて行かれそうになっちゃって…。
それをきっかけにうちで正式に飼うことになったんだったね。

初めての散歩は途中で歩かなくなっちゃって、結局半分以上私に抱っこされて帰ったね。
シロはうちに来た時はもぅすでにその大きさだったから、正直12歳の私にあの距離を抱っこして歩くのは大変だったよ。

雨の日が嫌いで、傘を異常なくらい怖がっていたシロ。
その他の棒を見せても怖がることはなかったし、きっと傘でひどくいじめられたことがあったんだろうと思う。
結局最後まで傘に対する恐怖心は消えなかったね。

野良犬だったから小さい頃の栄養状態がよくなくて、割と早くにほとんどの歯がなくなってしまっていたシロ。
でも、かたーいささみジャーキーが大好きで、両手で一生懸命持ってうまいこと食べてたね。
いつも不思議に思って見てたよ。

小さいながらに走るのが速かったシロ。
おばあちゃんになっても、散歩は現役で、最後の日もシロの年齢の半分ほどしかない他の2匹と同じ距離をちゃんと自分で歩いたね。

サブのことが大好きだったシロ。
きっと今頃はサブと一緒に昔みたく仲良く遊んでるのかな。



寂しいけど…。
今でもつい癖で、ついシロのいた小屋を見てしまうけれど。
やっぱり、生き物にはいつか訪れる別れだから。

あんまりずっと泣いていないで、一緒に過ごした楽しい思い出を胸に、また先に進もうと思う。


ただ、ちょっと心残り…。

デジカメで写真をあんまり撮ってあげられなかったこともそぅだけど、看取ってあげられなかったのが何よりも残念です。
5日、大分から帰る途中に実家に寄ってきたけど、もぅシロは土の中で、私は最期を見てあげることもできなかった。
埋葬も手伝ってあげられなかった…。

ごめんね。


…だけど、実家を出た今、これから先…どの子も看取ってあげることも埋葬してあげることも、できないんだろうなぁ。
犬も猫も年の近い子が多いから(猫にいたっては、12匹中5匹は兄弟だし)、きっといなくなってしまう時は一気にいなくなってしまうだろう。
それも、きっとそぅ遠いことではなく。
シロの死はサブの死以来、約6年ぶりの家族の死だったから、なんとなく、改めて「家族の死」っていうものを突きつけられた感じ。
そろそろそれなりに覚悟しておかなくっちゃならない時期にきたんだろなって思った。


でも悲しいから、できるだけ、どの子も長生きをしてほしいな。
それだけ。


とりあえず、一旦さようなら、シロ。
天国というものがあるのなら、また会おうね。
他の子たちが長生きできるように、見守っててあげてください。

今までもこれからも、ずっと大好きだよ。
ありがとう。

じゃあね。


P1000074.jpg


P1090695.jpg


P1000085.jpg


画像 012



…っと、こんなわけです。
だから1匹数が減ってたのさー。


保健所に行かずにうちに来たことがシロの幸せにつながっていたのかどぅかはわからないけれど、鉄矢君が

「シロちゃんはすごく幸せだったと思うよ。
 だって、いつもあんなに嬉しそうに笑ってたじゃないか」

と言ってくれたので…。
きっと私たちといて幸せだったんだと信じようと思います。


んむ。


でも、「泣かずにシロのことを思い出せるようになりました」とか書いておきながらなんですが…今書きつつ半泣き状態に(笑)。

あぅう…。
まぁ、しばらくはしょうがないよネ!


(´;ェ;`)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活   ジャンル : ペット

ニギの巻。

我が家に、12番目の猫がやってきました。

D1030001.jpg


名前は「ニギ」。


妹が運転中に車の前に飛び出してきたのをそのまま拾ってきちゃったんだって。
お父さんがこれ以上拾ってきちゃダメ!って言うから、最初は妹の部屋でこっそり飼うつもりだったみたいなんだけど、お母さんが即行でお父さんにバラしたらすぃ。

んまぁ、いつかは言うことだったんだろうけど…。
それでも、3日後に言っちゃうなんて!
早すぎるよ!(笑)

それにしても、うちの車の前に飛び出してくる猫、多いなぁ。
危な~い(´v `;)
放っておけなくて、つい全部拾ってきちゃってるけども…。


071026_215549.jpg


D1030003.jpg


D1030002.jpg


D1030008.jpg


D1030007.jpg


D1030006.jpg


ルーはまだ「ニギ」ちゃんに実際に会ったことはないけれど、妹曰く、ちょっぴりペルシャ系の血が入っているのか、毛が長めなんだそうです。
写真ではよくわからないけど…。
ペルシャ猫を実家で3匹飼ってた鉄矢君が写真を見て、ルーが何も言ってないのに「ペルシャ系入ってるねー」って言ってたってことは、やっぱりそぅなのかな??

毛の長めの猫を飼うのは、我が家では初めて…。
早く会ってみたいなぁ。

まだうちに来て数日しかたってないけど、結構うまくやってるみたいです。
チョコヅラがよくなめてあげるから、ニギはチョコヅラが大好きなんだとか(笑)。
チョコヅラは色んな猫をなめてあげるのが好きなんだけど、相手の体を両手でしっかりとつかんでかなりしつこくなめ続けるから、大抵の猫はうっとおしがって嫌がるんだよねぇ。
今までははーちゃんしか相手をしてくれなかったけど、これからはニギも相手をしてくれるかもしれないね。


…うーん、情報量が少なくて、「ニギの巻」の割にはあんまりニギについて書くことがない…(笑)。
詳しくはまた「ニギ」ちゃんに会ってから書こうと思います。


…てゆか、最近の我が家の猫の名前…。
顔がでかいから「カオデカ」とか、茶色いから「茶色」とか、ちょこっとヅラのような模様があるから「チョコヅラ」とか、ハーって怒るから「ハー子」とか、手足のにぎにぎがすごいから「ニギ」だとか…。

単純すぎるよ!(笑)
もっと悩もうよ!
慣れてからは何も感じないけど、ぶっちゃけ、人前で呼ぶのが恥ずかしい名前ばかりだよ!

それまでは「チビタン」「サシャ」「ナナ」「ミルク」「ミューミュー」「フタエ」「チャム」…と、まだ普通の名前をつけていたというのに…何故…(笑)。


そりから…。
気付いておられる方はいるだろうか。

mixiプロフィールの家族の項目のとこ。
数が増えてることもあるけど…。
実は、1匹減っているということ。

今度は切ないけど、その子について書こうと思います。

テーマ :    ジャンル : ペット

ちかりた…。

今日の夕食は餃子です。
そんなわけで、さっきからひたすら餃子の皮を作ってます…(´v `;)


やぁあっと、4分の3終わった!


もーぅダメ!
すんごい疲れた!!

もぅ何十枚作ったんだろう…。
餃子の皮の生地とか餃子の中身とかを練るのにも体力使ったし…。
7時くらいから始めたから、2時間半も費やしてる…。
んもぅくぅたくた!
足も腰も肩も痛い!

…でも、この疲労感と引き換えに食べる餃子とビール…は、ルー飲めないから、酎ハイ!が、おーいしーいんだよねぇ…。


…あ!
いいこと考えた!

残りの4分の3の皮は水餃子用ってことで、ぶ厚く作ることにしよう!
そしたら薄くするために力を使わなくていいし、生地の使用量も多いし!
きっとすぐに終わるハズ…♪


んじゃ、残りも頑張ってきまーす(*´∀`*)

ほぼ日ストアのアフターフォローについて。

この間届いた「プリント・ピンクのギンガム」のカバーに、よくよく見ると茶色いシミのようなものが…(´д`lll)

P1140303.jpg


こすって落ちるようなら落として使おうとも思いましたが、落ちない;
仕方ないし、よーくよーく見ないと気付くものでもないし、我慢しようかなぁ…とも思いましたが。
やっぱり一度目に付いたものだから、気になってしまって…。

ダメもとで、メールで問い合わせをしてみました。

するとすぐに返事が返ってきて!
もぅ交換分の新しい商品を発送したというではありませんか!


うぉお、素早い!
なんて素早いんだほぼ日ストア!

しかも、至極丁寧な対応!
メールの文章に相手の真摯な態度が見えるようでした。


メールをしたのが金曜日の夜で月曜日の午前中には返事が届いたから、きっと休日明けの出勤ですぐに返事をくれたんだろな。
水曜日には商品届いたし…。
しかも、ストアノート付きで♪

P1140305.jpg



アフターフォローこそ、そのお店の真価が問われる時だと思うのです。
なので、この対応は嬉しかったなぁ。
また利用したいって思えちゃう。


ますます「ほぼ日手帳」が好きになった、ルーなのでした…(*´∀`*)

テーマ : ほぼ日手帳   ジャンル : 趣味・実用

ほぼ日手帳2008。

遅ればせながら、10月5日、2008年度のほぼ日手帳が届きましたー!(*´∀`*)


P1140004.jpg


P1140007.jpg


P1140005.jpg



ルーにとって3冊目のほぼ日手帳。

今年のカラーはピンク系が3色もあったため、どの色にするかものっそい迷いましたが…。
結局「プリント・ピンクのギンガム」にしました(*´∀`*)

P1140006.jpg


P1140009.jpg


「ナイロン・チェリー」も気になるんだけどもねー…。
近々、いよいよ我が福岡にもロフトができるということもありまして!
とりあえずネットでしか買えない「プリント・ピンクのギンガム」を買っておいて、「ナイロン・チェリー」は実際見て可愛かったら買おうかなー、なんて。

はぁ、福岡にロフトができるの、楽しみー♪
これからはちゃんと実物を見て買うことも可能なんだなぁ…。
わー!


因みに鉄矢君は中身だけでいい、とのことだったので、今年はカバーはなし。
せっかくだから買えばいいのにぃ。
ルーとしては、ヌメ革のとか鉄矢君によさそう…って思ってるんだけれども。
むー。
つまんないの(´・ω・`)



今年は式もあって忙しかったから、白紙のページもありつつ書くことがいっぱいで、割と活用できた気もするけど…。
さてはて、来年はちゃんと活用できるでしょうか(´v `;)
頑張ろうー。

それにしても、最近やたら盛りだくさんなルーの人生。
2008年はどんな年になるのやら…。
楽しみなような怖いような、のルーなのでした。



*参考*

ほぼ日手帳2008
http://www.1101.com/store/techo/index.html

テーマ : ほぼ日手帳   ジャンル : 趣味・実用

ショック…。

寝室に置いてた、鉄矢君からのプレゼントだったランプが、私の不注意で割れちゃった…(´;ェ;`)

…初めてのホワイトデーのお返しにもらったんだったのに…。
気に入ってたのに。
たった一瞬で木っ端微塵…。

ルーの馬鹿。
窓に光るお星様なんて、貼り付けるんじゃなかった…。・゚・(ノД`)・゚・。
しかもそのお星様、光らないし。
あぁ…。


まだ同じランプ、売ってるかな…。
問い合わせたら、上の割れたガラス部分だけ売ってもらえたりしないかな…。

はぁ…。
ごめんね、鉄矢君…ごめんね。


ショックすぎて凹み。
べっこり、凹み…。



でも、凹んでばかりはいられません…。

明日はおばあちゃんの三回忌があるので朝早くから出かけなくちゃいけないし、夜は鉄矢君の会社の先輩夫婦さんと焼肉屋さんに行って、その後は我が家にお招きすることになっているので…。
焼肉を食べた後とはいえ、多少なりともおつまみを用意しておかなければ;
部屋も少し片付けておかなくちゃ…。


とりあえず、さっきキャンディ・トマトとレモン・チーズケーキを作りました。
あとはさっと作れる冷製パスタの準備はできてるし、冷凍しておいたピザ生地もあるし…。

このくらいあれば大丈夫かな。


二人ともとっても楽しい人たちで、好きだから、できる限りのおもてなしができるといいなぁ。
凹んだけど、頑張る。

O型の女の子。

たまたま見つけた「O型の女の子」っていうコミュ。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=415882


そのトップにあったO型の女の子の性格…。

*****

☆情熱家☆

O型の女性は、純粋で夢や理想を求めるロマンチストなタイプです。
思いやりのある性格で、花や動物など生き物に愛情を注ぎ、趣のある生活を好む人が多いようです。
また感性が豊かなので感動、感激しやすいタイプです。
積極的で、外見や形式にとらわれず、自分の感情に対して率直で、一途に走ってしまう事があります。


☆人間関係を大切にする☆

人と人との輪を大切に考え、誰とでも本音で話し、面倒見もよく職場の人や友達などとのつきあいも上手で、社交的なタイプが多く交友関係も広いようです。
しかし、O型の女性は個性的なので、自分とはタイプの違う人を好むようなところがあります。
その上、人の好みがはっきりしているので、自分の好きな人とは上手につきあうのですが、自分の苦手な人は無視をして反感をかうこともあるので気をつけて下さい。


☆自分をストレートに表現するのが吉☆

O型女性は人によく思われたいという気持ちが人一倍強いようで、無意識のうちに自分を良く演じてしまうところもあるようです。
ですが、O型女性にとって、無理をして自分を良く見せようと細工をしたり、へんに格好つけたりすると逆効果なようです。
O型女性は、ストレートに自分を出せば相手にわかってもらえ、自然であれば自然であるほど、注目を浴びる得な性格だからです。
こういったストレートな性格を単純だと理解し、欠点であると思い悩む人もいるようですが、それは大きな間違いなのです。
O型女性の豊かな感受性、飾り気のない明るさが、男性の気持ちをとらえるのです。


☆やきもちやき☆

O型女性は、好きな男性に対する独占欲が強く、やきもちやきのようです。
好きな相手に別の女性がいれば、ショックと同時にジェラシーの炎を燃やします。
しかし、それもある時期を通り過ぎると、相手の男性に対する思いがすっかり冷め、逆にその男性を徹底的に嫌ってしまうこともあるようです。
この性格は結婚してからもかわらず、夫の浮気は絶対に許さない恐妻になる素質があるようです。


☆母性本能が強い☆

独占欲が強い一方、とりわけO型女性は母性本能が強く、愛する男性を守ってあげたい、世話してあげたいと尽くすようです。
男性のために掃除や洗濯をしたり、料理をつくったりと、相手の身の回りの世話をやくことに喜びを感じるタイプのようです。


☆男女の区別をはっきりさせる☆

O型女性はおおらかでさっぱりした性格なので、同性はもとより異性の友人も多く、誰ともざっくばらんにつきあうようです。
男性のほうからみても、気軽につきあえるので、O型女性は人気者です。
だからと言って、異性をまったく意識していないかというとむしろ逆で、幼い頃から父や兄弟に異性を感じ取っています。
男女の区別がはっきりしていて、男は男らしく、女は女らしく生きるものと思っているようです。
そのため、すべての男性は父や兄弟のようにやさしく自分に接してくれると信じているようです。
O型女性が、母親や姉のように男性の身のまわりの世話をやいたり、娘や妹のように甘えたりするのもそのためなのです。


☆恋すると変わる☆

O型女性は、恋愛の対象となる男性があらわれるとガラリとその姿をかえ、恋する女性になってしまいます。
普段はさっぱりした性格ですが、恋人にはどこまでも素直で、か弱い女の一面を見せるようです。
また、自分が恋したことに気がつくと、自分一人の胸の中にしまっておくことができず、何人もの友人に次々に本音をうち明けてしまうようです。
ですが、デートの日時を書いたメモをそっと彼に手渡ししたり、服装や髪型で彼に二人だけの合図を送ったりといった、秘密めいた交際も好むようです。
それがまわりの人にわかっていても、そうすることが二人だけの愛に直結すると考えて、徹底的に秘密を守ろうとするところもあります。


☆ロマンチスト☆

O型女性は恋する自分に恋してしまうようなロマンチックなところがあるようです。
恋すると、彼との二人の時間を過ごす場合でもムードを大切にし、その雰囲気に思いっきり浸ってしまいます。


☆現実主義なところも☆

相当なロマンチストなO型女性ですが、驚くほど現実主義者になるときもあるようです。
デートのときなどに、相手の男性のふところ具合が気になったり、ケチケチしたところを見せられ、それだけで嫌になってしまうこともあるようです。
O型女性の愛情を支えるのは、純粋な相手への思いも重要なのですが、その男性の将来性も大きなウエイトを占めているようです。
現在の男性の仕事や生活がどんなもので、もし自分が結婚したらどんな生活が送れるのかを具体的に考えてしまうようです。
ですから、条件さえかなえば、あまり気持ちが乗らなくても、恋愛や結婚にふみきることがよくあるようです。


☆一途に愛する☆

現実的で、相手の将来性をよく見極めるO型女性ですが、以外と簡単に男性にだまされてしまうところもあるようです。
それは、一度相手を信用すると盲目的に愛してしまい、とことんつくしてしまうからです。
それだけひとたび恋に落ちると一途に相手を思い、ライバルがいればまずまず闘志を燃やすタイプのようです。

*****

なんだそうです…。
当たってますかー??(´v `;)


自分の目から見ると全部当たってるー!とは思わないけれど、でも、割とドキッとするようなところもあるような…。
ロマンチストだけど現実的、て部分とか、やきもち焼きの部分とか。

やきもち焼きだから、ルー的には付き合ってたり結婚したりしてるのに、女の子と二人きりで遊ぶこと自体が許せん、てゆか意味わからん!って感じだし、でも、確かに冷める時はなんか一気に冷めちゃう感じになるし…。
あんまり自分の倫理観や道徳観に外れたことされると、その相手に対して「あー、もぅどぅでもいいやー、勝手にしてー」みたいな、そんな気持ちになるなぁ。
例えばだけど、浮気されたら「所詮この程度の男だったのか…もぅこいつのことで悩むの自体が馬鹿らしいから、さっさと次にいこうかなぁ。あー、無駄な時間を過ごした」とか思いそう;
私、気分屋なのかもなぁ(´v `;)

浮気とか不倫とかって、ルーの中で最も許せないことのトップ3に入るくらいだし;
なんかさ、一応もともと一緒にいた人をキープしつつ、他の相手とも…みたいな卑怯さが本当に嫌なのよね。
他の人に気持ちが行くのは仕方ないとして、なら、まずはちゃんと元の人と別れてから次にいけよ!みたいな。
浮気相手とか不倫相手とかになる人も嫌。
好きになるのは仕方ないけど、自分の気持ちの中だけに留めておけよ、みたいな。
好きだからって自分の感情のままに行動するのはただのワガママ。

一番かわいそうなのは、奥さんと子供だけど、特に、子供がかわいそう。
奥さんは旦那を選べるけど、子供は親を選べないから…。
そぅいうことする人って、自分の子供が泣く姿を眼前に思い浮かべて、それでも浮気とか不倫とかしたいって思うんだろうか。
理解に苦しむ。

正直、浮気とか不倫とかする人の気持ちなんてわからないし、わかりたくもないし、恋人どころか友達にすらなりたくないわぁ。

…でも、実際に鉄矢君に浮気されたら、やっぱり許すように努力しちゃうかもなぁ…。
状況にもよるけど…。
一緒にいるのも辛いけど、でも、やっぱり情はあるし、別れる方がもっと辛いかも…なんて。
それでも、まぁ、ズタボロに傷ついて、大ショックを受けることには間違えないだろうけど(´д`lll)


おっとと、浮気と不倫について熱く語りすぎた…!(笑)


ロマンチストだけど現実主義、とかも、なんかわかるなぁ。
恋人に対しても友達に対しても、一生懸命尽くしたい!大好き!ってなるけど、だからといって、全部が全部は許容できないというか。
恋人だから、友達だからって、全てを許すことはできないなぁ。
例えば、現実的にお金の貸し借りだとかは無理。
恋人、友達といえど、そこは違うやろー!って、絶対協力しないと思う。
相手が本当に生活に困っているとしたら、お金じゃなくて物資を提供します。
ご飯を作って持っていってあげたりとか、カップ麺あげたりとか…。

あと、あんまり礼を尽くされなくても無理。
私に気を遣えよ!ってんじゃなくて、最低限ね;
あんまり自分の家とかで好き勝手されたりするのは好まないなぁ。
一緒に旅行に行ったりして、相手がずーっと遊んでて、自分だけが働いてたりとかも無理。
(…あぁ、でも、なんだかんだでやってあげちゃうかも…(´v `;)
 それがいけんのだろうなぁ。
 やるのは結局自分の勝手なんだから、不満を抱くくらいならすべきじゃないなぁ。
 反省。)

そんな感じで、友達・恋人といえど最低限の線引きはするかも…。
「友達って言葉は免罪符じゃねぇ!」とか思っちゃうし;


うぅーん。

なんか最近自分の性格がよくわからなくなる時があったり、自分の自分としての在り方が正しいのか、よく悩むので…。

こぅいうのを見ると、少し安心しますな(笑)。
「自分だけじゃないんだー」というか。
うん。



マイミクさんの中にO型の女の子はいるのか知らないけど、O型の女の子はこぅいう性格らしいよ!
なんかの参考にしてくれい!(笑)

*製作過程日記*フルーツたぁぷりの生クリームケーキ

今日は初めてミニミニではない普通の大きさのケーキを作っています。
弟がお土産に買ってきてくれたケーキを見てて、なんだか作りたくなっちゃって♪

とはいえ、ものすごく大きいわけではなく、縦4cm×横5.5cm×高さ3.5cmほどのものなのですが…;
それでも今までに作っていた1.5cm以下のものと比べると、はるかに大きく感じます(´v `;)


今、土台になるケーキ部分を作っている途中…。
型紙作って、フェルトを切って、ちくちくしている最中です。

いつもその日のうちにがーっと作っちゃいがちなのですが、今回はじっくりじっくり…。


ケーキの縫い目からデコレーションのフルーツまで1つ1つ丁寧に!
これが目標!


ルーは基本のろまなのですが、なんか部分的にせっかちなんですよね;
がーっと一気に作り上げる衝動に駆られないように頑張らないと…(´д`lll)
油断すると、本当に縫い目も何にも気にしないでだだだーっとやっちゃいそう!;


ぬはー。


て、丁寧に…。
1つ1つ…。
駆け足厳禁!!

で、やるぞー!p(・∩・)q

テーマ : フェルト手芸   ジャンル : 趣味・実用

FELT12:生パイ(yoshika)

さっきの「茶づみ」と同じ日に作った、またまた「yoshika」の生パイです♪

本物の生パイ


07.9.12 FELT11:生パイ(yoshika)①


この生パイ、四角いさっくさくのパイ生地の中にバニラビーンズの風味が素敵なカスタードクリームがたぁぷりつまったというお菓子なんですが、それだとわかりにくいかなぁと思って、カスタードクリームが半分出ちゃったような形にしてみました。

なんか不恰好になってしまいましたが(´;ェ;`)


07.9.12 FELT11:生パイ(yoshika)③


大きさは1.2cmほど。
またちっちゃくなっちゃったよ…(´д`lll)


本物の生パイは10cmの正方形に高さが3~4cmほどで、ものーっそいおいしいのに値段は100円ジャスト!
ルー的超プッシュお菓子!

あんまりおいしいので色んな人に勧めて回っているのですが、皆「おいしい!」と大絶賛するほどなのです♪
んもぅ大好き!

ルーは近くに住んでいることもあって、ちょっと甘いものがほしい時なんかには、ついつい買いに行ってしまいます…。
因みに、これを作る時にも「参考資料」と言いながら買ってきちゃいました(´v `;)

テーマ : フェルト手芸   ジャンル : 趣味・実用

FELT11:茶づみ(yoshika)

先月作って、新婚旅行日記を書いてたためにアップし損ねてたの。


ここ1年、式の準備に追われてウェディングベアしか作れてなかったので…。
久々にちくちくしたもの。

今回は本物のケーキを参考に作ってみました!
初めての試み…。

本物の茶づみ


07.9.12 FELT10:茶づみ(yoshika)⑤


ルーの家の徒歩5分くらいのとこに、「yoshika」というものすごくお気に入りのケーキ屋さんがあります。
そこの「茶づみ」というケーキを参考にして作ってみました(*´∀`*)
これは食べられませんが、本物はとぉてもおいしいのでオススメ!(笑)


07.9.12 FELT10:茶づみ(yoshika)⑥


大きさは1.5cmくらい…。
もっと大きく作るつもりだったんだけどなぁ(´v `;)
いつもいつも、気付けば予定より小さく出来上がってるの…。
何故;


これからも時々ここのケーキを参考に、ちくちくしよっかなぁ~、なんて思ってたりvV
「yoshika」への愛故に…(笑)。

テーマ : フェルト手芸   ジャンル : 趣味・実用

流して流して。

前の日記が思った以上に暗くなっちゃったので、さっさと流そうと新しい日記を書いてます(笑)。



…さっきの日記を書くにあたって、前の自分の日記を読み返してみたけど…。



いかん、当時を思い出すと、泣けてたまらんね(笑)。
どぅにもこぅにも、涙が止まらないのね…あはは。


でも同時に、その時いっぱい励ましてくれた人たちのコメントや言葉が、ものすごく胸にしみた。


いっぱい辛い目にもあったけど、いっぱい励ましてくれた人もいたんだなぁ。



…今日は残り少ないけど、とりあえず頑張ろう!
そろそろお夕食作るかぁ♪
今日は弟がケーキをお土産に泊まりに来るし(*´∀`*)

コミュ整理。

コミュの数が100超えてしまったので、「もぅいいかなー」ってコミュを整理してしまおうと思います。
ばっさりばっさり。

*****

・小さなブチキレ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=774891

コミュの画像が可愛くて好きだったんだけども、「最新書き込み非表示」にしてたし…。
なんか愚痴愚痴するのが嫌になったので。


・スヌーピー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=597570

もいっこ「チャーリー・ブラウンとスヌーピ」に入ってるし、それだけでいっかなー、と。


・手作りと雑貨と
http://mixi.jp/view_community.pl?id=133239

もいっこ似たようなコミュに入ってるからいっかなー、と。(2回目)
コミュができたの自体は微妙にこっちの方が先なんだけども、参加人数とか活動内容とかがもいっこの方がいいの…(´v `;)


・Emilie Simon
http://mixi.jp/view_community.pl?id=124868

Emilie Simonは好きなんだけど、あんまりコミュが動いてないので;


・アルフォンス・ミュシャ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=31747

ミュシャの絵は好きなんだけど、特に有益な情報が入ってこないので(´v `;)


・お菓子・パン作り大好き
http://mixi.jp/view_community.pl?id=81803

・簡単レシピ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=64758

・素食レシピ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=20057

この辺もあんまり動いてないので…;

*****

ふぅ、今回も結構減ったなー。
すっきり!(*´∀`*)

さ、天気もいいし、お洗濯始めようかな~♪

新しmixi。

本日3つめの日記…。
しかも、かなり遅れた反応ですが(´v `;)


mixiの仕様、新しくなりましたねぇ。

なんちゅうか…。



デザインがカクカクしてて、GREEみたい。



って思ったのはルーだけでしょうか(笑)。


前の方が丸っこくて可愛くて、なんかあったかい感じがして…好きかなぁ。
しかもルーはIEを使ってるから、ページを開くとよく崩れるの…困り者だわ;

とりあえず、新しいmixiに早く慣れたいものです。



それにしてもmixi、人が増えましたねぇ。
足あとから最近入った人のID番号を見ると、もぅ10,000,000超えてる!(;゚Д゚)
びっくりしました。

ふと気付いたんですけども、割と最近mixiを始めた人たちは、ネットでつながりよりも大学だとか会社だとか、リアルのつながりの方が濃い気がします。
ルーがmixiを始めた時、マイミクさんにリアルの知り合いなんて2~3人しかおらず、どちらかというと、ネットを通じての出会いやつながりを濃くする目的(ってわけでもないけど)で使っていたので、なんだか不思議な感じ…。
人それぞれ、使い方があるんでしょうねぇ。


それから、マイミク申請に業者が増えたことはもちろん、はじめからリアルで会うつもりでマイミク申請してきたんだろうなぁ、って人が増えたような。

しばらくマイミクとしてやりとりして、やり取りの回数が多かったり、気が合いそうな人となら実際に会ってみたいなとは思うけれど、最初から出会う気でこられるのは男女に限らず、ちょっと怖いなぁ…(´v `;)
まったくやり取りもないのにいきなり「携帯で話しましょう!」とか、かなりびっくりしちゃう;
相手が女の子でも、悪いことするつもりはなかったとしても、いきなりリアルでのつながりを築くのはちょと怖い~;

むむ;



そんなこんなで、なんだか最近のmixiについていけなくなりつつある、ルーでした(´;ェ;`)

ルーは晴れ女??

そぅいえば、結婚式や旅行を通して、気付いた。
いや、前々から思ってはいたけれど。



…ルー、もしや晴れ女なのでは??



前にも書いた気がするけども、ルー、今までの人生で式と名のつくものに雨に見舞われたことはないのね。
たとえ前日が雨でも、式の直前まで雨が降ってたとしても、絶対最後には晴れるの。

だから、なんか勝手に思い込んでた。
梅雨時期の6月であろうとも、絶対結婚式当日は晴れる、と。


・前撮りの日

最初は雨が降ってたのに、屋外での撮影の時はいい感じに晴れる。
(カメラマンさん曰く、強すぎず弱すぎず、写真を撮るにはちょうどいい具合に日が差していたんだとか)


・結婚式

天気予報、1週間前に見た時は普通に雨。
降水確率も高かったと思います。
その上、3日前に見た時には降水確率は80%にまで跳ね上がってて…。
正直、「今回は無理かも…」と諦めかけていました。
前日も雨。

当日は晴れ。


あっれぇー!??(;゚Д゚)


そぅ、思えば前撮りの時点で奇跡は始まっていたのでした…(笑)。


・旅行

鉄矢君がネットで調べたところによると、ルーたちがフランスにいる間のパリの天気予報は全部雨だったそうな。


1日目の香港立ち寄りツアー。
空港に降り立った際、香港は確かに雨でした。
しかもどしゃぶり。
広い空港内をガイドさんに連れられて歩き、ルーたちが香港の地を踏んだ時…雨はまったく降っていませんでした。
その雨の上がり方があまりに自然で、さっきまで雨が降ってた事実を忘れかけました(笑)。


2日目、普通に晴れ。


3日目、パリは雨。
どしゃぶり。

モン・サン・ミッシェルは晴れ。
厳密に言うと、最初は雨が降ってたらしい。
でも、ルーたちが着いた時は普通にやんでました。

因みに、ルーたちがパリに戻ってきた時、パリの雨も上がってました。


4日目、微妙に曇り。
でも、雨は降らず…後半は晴れ。


5日目、晴れ。
が、夜のイルミネーション・ツアーの際にどしゃぶりで雨が…。
「さすがに最後までラッキーは続かないかぁ…」と落胆するも、ライトアップされた凱旋門を撮影するためにバスを降りたら…。

あれ、雨がやみ始めた…。
てゆか、やんだ。

おかげで、エッフェル塔も楽しく見学することができました。
ガイドさんも大喜び~♪
(前のツアー時に大雨でかなり苦労したんだって)


しかも、旅行から帰ってきて両親から聞いたのですが、ルーたちが旅立ったその日から、九州は記録的な豪雨に見舞われたそうで…。
(ルーたちが旅立つ直前は普通に晴れてました。もちろん、帰り着いた時も・笑)
父は降りしきる雨を眺めてポツリと「あいつ、本当に晴れ女だな…」とつぶやいていたんだとか(笑)。



という、ね。
こんな感じ…。



なんていうか…。
旅行中は、本当に行く先々から晴れていくので…。

…正直、微妙に怖いとさえ思ったり(´v `;)

でも、助かったー!
今まで生きてきた中で、一番自分の晴れ女力に感謝した!!

ヨーロッパの天気は変わりやすい、予報が当たりにくいとはいえ、ここまで都合よく晴れるなんて…。
本当についてたなーって(*´∀`*)
写真もきれいに撮れたし♪

ただこれ、自分の式の時、もしくは自分の楽しみにしているイベント時にしか発動しないかなり自己中心的なラッキー現象なんだけども(笑)。


そんなこんな、これに限らず旅行に行くと雨でも晴れに変わったりするので、毎回鉄矢君に驚かれてるルーなのでした(^ー^;)

*新婚旅行日記まとめ*ただいま、我が家。

さてさて、長々と書いてきた新婚旅行日記もこれで最後です。
最初の日記を書いたのが9月26日…。
じ、時間かけすぎたぁ。・゚・(ノД`)・゚・。

*****

鉄矢君のサプライズ・ディナーが終わった後は、タクシーで家へ。
久々に見る我が家に、なぜかテンションが上がる上がる!(笑)

部屋に入った後は、とりあえず洗濯物を出して…そして、お土産を広げるッ!
お土産や写真をあれやこれやと散らかしながら、いまや遠くなってしまったパリの残り香を、思いっきり吸い込みました。
あはははは、楽しーい!!


…が、体力的にすぐに限界が…(笑)。


さっさとお布団引いて、寝に入りました。
ルーはなんだかしばらく寝付けなくて、パソコンいじってたけど(笑)。


次の日、目が覚めて…。
お腹がぐぅ。

ご飯…ご飯が食べたい…米…!!

という激しい欲求の元、ほか亭まで買出しに。
久々に食べる日本食は、やっぱりおいしかったです…。

***

そぅ、フランスでものっすごいわいてきた欲求。


「ご飯が食べたい…!」


タイに行った時は別段日本食が恋しくなるということはなかったので、油断してました。
…タイはなんだかんだで、同じアジアだし…なにより主食が米なんですよね。

フランスではパン食がほとんど…。
最初はパン好きのルー、喜んでいたのですが…。
旅の後半は若干胃もたれしてきたこともあってか、ものすごく日本食が恋しくなりました。

もぅね、帰りの飛行機の中で機内食に「ライス」って文字があったら、毎回迷わずそれを選んでたね!(笑)

フランスのご飯はおいしかったんですけど、日本食と比べると、やっぱりなんとなく…濃い…?感じ??
おいしくても、毎日クリーム・チーズ・バターな料理が続くと胃もたれするんだなぁ…ということを知ることができました。
それに日本食だと、おかずが濃くてもそれをご飯で調節して食べることができるから、それも大きいのかもしれないなぁ。

だけども、クロワッサンだけはおいしすぎていっぱい食べれた。
鉄と二人、いまやすっかりクロワッサンの虜です(笑)。


あとは…この間の日記にも書きましたが、ケーキ等のデザートが、甘いッ!
ものっそい甘い!!

日本のケーキ屋さんのケーキはフランスに由来しているとばかり思っていたので、軽いカルチャーショックを受けました(笑)。

なんかケーキの作り自体が全体的に違うような…。
フランスのミルフィーユと日本のミルフィーユとか、まったくの別物!ってくらい違うし。
(形とかは同じなんだけど、フランスのは日本のみたくクリームがはさまっていなくて、ものっすごいたぁぷり砂糖が…!)

日本のケーキ屋さんの甘さ控えめケーキは、いったいどこから来たんでしょう??
不思議不思議。

***

それから、気候。

向こうもこっちと同じくらいの時期だと聞いていたので、夏服に若干春服を加えたくらいの思いっきり涼しい洋服を持っていっていたのですが…。


さ、寒い…!!(((( ;゚Д゚)))


なにやらヨーロッパは異常気象らしく、秋くらいの寒さでした。
周りを見ると、皆、秋~冬くらいの格好してる…薄手のコート羽織ってる…(´д`lll)

いやはや…。
皆さん、海外に行く時はもっと長袖の服も持って行きましょうネ…★


il||li _/ ̄|○ il||li

***

それから、フランスで一番感じたこと。

それは、「貧富の差」でした。

正直、日本の格差社会が可愛く見えるくらいに。
日本のホームレスの方よりも、フランスで見た物乞いの方たちの方がはるかにひどかった…。
早朝のパリの街には生きているのか死んでいるのかわからないほどの物乞いの方たちが道端にごろごろ寝転んでたり。
日本のホームレスの人とか割と家具を持ってたりするけど、フランスの物乞いの方たちは身一つで転がっているだけ…というか。
日本みたくゴミ箱に食べ物が落ちてたりするとこもないみたいで…。
両足のない物乞いの方なんかも見ました。

そのせいもあって、フランスは治安が余りよくないんだそうです。
だから夜も外に出ちゃダメなの。

一回レストランからの帰りが遅くなって、21時頃に外を歩いたことがあるけど、日が落ち始めているものの普通に日本の夕方ほどに明るいにも関わらず、全然人がいなくて…。
少なくとも、身なりのいい人は一人もいなかった。
レストランに向かう時は人が多すぎて通るのに苦労したプランタン(デパート)の前でさえ、物乞いの人くらいしかいない…。

びっくりして、あわててホテルに戻りましたもの(´v `;)

花のパリ、おフランス~♪みたいな華やかなイメージばかりをフランスには抱いていたため、ちょっとびっくりして…。
それぞれの国に、色んな事情があるんだなーって思いました。
うん。

***

それにしても、フランスではやたらめったら眠かった。
何故だろう…。
毎日家に帰るとバタンキュで寝てました(笑)。

疲れてたのかな。

***

そぅそぅ、なぜかフランスに行ったその日からデジカメの調子が悪くなりました;
電源入れて数秒間、何のボタンを押してもシャッターを押しても受け付けてくれない…。
それに、焦点がきれいに合ってくれない…。
何度も何度も取り直して、やっとこさな写真も多数。
手ブレにしても、手ブレ機能はどこにいったの~!??;
今でもそんな調子で…。

まだ買って2年半くらいなんだけどなぁ…。
そろそろ、潮時なのかな;
お金ないのに~!
はぅ(´;ェ;`)

*****

…と、このくらいかな。
なんかきっちり締まった文にできなかったなぁ(´v `;)

ふぅ。

久々にフランスの写真を見たりそこで何をしたか記憶を呼び起こしたり…。
なんだかついこの間のことのような、遠い昔のことのような…。
あー、とりあえず、もっかい行きたくなりました!(笑)
またいつか行けるといいなぁ。

とりあえず、久々の旅行日記、疲れた…(笑)。
はふ。

ではでは、最後までお付き合いくださった方々、ありがとうございました(*´∀`*)

テーマ : フランス   ジャンル : 旅行

*新婚旅行7日目*びっくりバースディ。

今日の鉄矢君のお弁当は親子丼と冬瓜のそぼろ煮とたまごはんぺん。
親子丼の上に、海苔でらくがきしちゃった~♪
気付いてくれたかな!??(笑)

*****

空しさ極まる12時間をよぅやく終えて、やっと香港の空港に到着…。

P1120493.jpg


この時、ルーがめっさいじけてたから、微妙にけんかっぽくなったけど…(´v `;)
いや、正確に言うといじけてたっていうより、寝不足と気持ち悪さからあんまり明るく話す気分になれなかったのよね;
言い訳だけど…ごめんなさい(´;ェ;`)


仲直りしつつ7時間ほど香港の空港に滞在…。
免税店をうろついたりはしたけど、さすがにくぅたくた;
最後あたりは座れる場所を探しては座ってました。

やっとこさで福岡着の飛行機に搭乗。

今度は席を替わってもらえたから、鉄矢君と隣同士になれたよ!
よかったぁ(*´∀`*)
もぅあんなのは懲り懲りデス…(´v `;)


P1120524.jpg


フライト中は二人してうとうと…。
疲れがたまってたみたい。

で、日本時間にして21時頃、福岡に戻ってまいりました!
ただいまー!!


P1120525.jpg


前回のタイ旅行の時の「ロストバゲージでロスアンジェルス」事件で、荷物の受け取りがトラウマになっていたルーと鉄。

今回こそ荷物が無事戻ってくるのか、ひやひやでした;
無事に戻ってきてくれてよかったー!
かなり安心しました。


空港を出て向かったのは、残り3時間足らずになったルーの誕生日を祝うために鉄矢君が内緒で予約しておいてくれたお店…。

P1120534.jpg


「Restaurant&Bar AQUA 7」。

私も鉄矢君も行くのは初めてだったけど、熱帯魚がいっぱい泳いでて、とってもムーディーなお店でした♪

しかもここ、飲み放題なんだけど、飲み放題メニューに載っている以外のカクテルも作ってくれていい感じ!
ちゃんとバーテンダーさんがいて、ベースのリキュールを指示したり、こんな感じのカクテルが飲みたいっていう旨を伝えると、ものっすごいおいしいカクテルを作ってきてくれます。
今までに行ったバーの中で、ここのカクテルが一番ルー好みでした。
お料理もおいしいし、店員さんも細やかに接客してくれて…ものすごく楽しく誕生日を祝うことができました♪
幸せだなー(*´∀`*)


…なんて、ほろ酔い気分に浸っていたら。


「Happy birthday to you~♪」


あれ?
なんかBGM、さっきと違くない??


しかも、この曲…。
ま、まさか…。


P1120551.jpg



そのまさかでした(;゚Д゚)


P1120562.jpg


しかも、花束まで用意してるし!

すでに一回お祝いされた後だったし、全然予想だにしていなかった…!!
ど、どこまでサプライズ野郎!??



なんか悔しいー!!(`ε´)


…でも、やっぱり嬉しい(*´ェ`*)ポッ



いやはや、久々に度肝を抜かれるくらいにびっくらした!
でも、本当にしやわせなバースディだったーvV
ありがとう、鉄矢君。



…さてはて、そんなこんなで、5泊7日の楽しい旅は終了いたしました。

次のまとめ日記で新婚旅行日記もラストです。
ふはー、な、長かった…(´v `;)



食べログ.com
http://r.tabelog.com/fukuoka/rvwdtl/335718/

Hotpepper.jp

http://www.hotpepper.jp/diary/VW010032.jsp?SP=J000056801&RN=20071012A00086

テーマ : フランス   ジャンル : 旅行

*新婚旅行6日目*さようなら、パリ。

なんかスカッとすることしたい気分…。
そろそろお仕事も探さないとなぁ…。

*****

この日でとうとうパリとお別れ…。
せっかくなので、迎えが来る時間までめいっぱいパリを歩き回ることに。


P1120436.jpg


オペラ座。

ホテルの間近だったのに、思えば写真を撮ったのは初めてだったかも…。
おっきくて豪華だったなぁ。


P1120442.jpg


マドレーヌ教会。

本当は昨日写真撮ろうとしてたんだけど、デジカメの充電が切れちゃったんだよね…(´v `;)
なので、またわざわざ撮りに行ったというわけ(笑)。
今日朝早くに出かけた目的ー♪


あとは、お土産を買いにうろうろうろうろ…。
パリには日本みたいなお土産屋さんー!っていうのがなくて、お土産探しに一番苦労しました;
ユーロもちょうど1ユーロが約170円とものすごく高い時だったので、そんなにたくさんは買えなくて…;
はぅ;


P1120447.jpg


パリになぜかあったオペララーメン(笑)。

ガイドさん曰く、結構おいしいらしい。
機会があれば、食べてみたかったなー;
でも、べらぼうに高い!
セットで1500~2000円とられちゃう;



さて…。
これでパリの街とはお別れです。
あとは日本へ帰るのみ…。



が。



ルーと鉄は、トラブル体質なのでした…。


最後の最後、最悪の事態が。



…パリから香港までも、香港から福岡までも、鉄矢君とルーの飛行機の席、ものっそい離れてる…。



フランスがバカンスに入ってたからか、すごい人が多かったし、しょうがないんだろうけど…。
でも、一緒に空港まで来たルーたちを含む3組のうち、離れ離れなのは、3組の列の一番後ろに並んだルーたちのみ…。


何それー!!
どんだけついてないの!??


パリから香港まで10~12時間…。
しかもご丁寧に、機内食とか準備する部屋をはさんでいるため、鉄矢君の姿すら見えない…。



…新婚旅行なのに。
何より、この日はルーの誕生日(日本時間)を迎える日でもあったので、ショックは云十倍…。



誕生日がパリで過ごせないってわかっても、空の上で迎える誕生日なんて、めったにあるものじゃないし、いっかー!ってポジティブにとらえてた…。
でも、それって、鉄矢君と一緒だからこそ思えることだったわけで。
「プレゼントの婚約指輪をもっかいはめなおしてもらっちゃおうvV」なんて甘い夢まで見ていたのに…(´д`lll)


スチュワーデスさんに言ってみたり、自分で隣に座っているおじさんに片言の英語で説明したりしたけど、どれもダメ。
(おじさんは「僕は通路側の席がいいんだ。だから、もしも君のご主人の席が通路側なら、替わってあげるよ」って言ってくれたんだけど、ルーの席の鉄矢君の席も、通路側ですらなかった…。)



ぶっちゃけ、ものっそい凹んだ。
一気にテンション下がった…(´;ェ;`)



一人で心細いし、一番真ん中の席だから狭いし、なんか変に蒸し暑いし、寝苦しくて全然眠れないし、気分まで悪くなってくるし…。


P1120485.jpg


あまりの空しさに、日本時間で0時ちょうどの自分の誕生日を迎えた瞬間に、機内のテレビで見てた「ミスター・ビーン」を写真に収めました。
(言葉がわからないので、見れるのがこれしかなかった;)


…この写真にルーの空しさを感じてくれい!!

テーマ : フランス   ジャンル : 旅行

*新婚旅行5日目*ヴェルサイユ宮殿半日観光・自力でパリ観光。

3連休は鉄矢君のご両親と鹿児島・宮崎を旅行してきました!
砂風呂も温泉も気持ちよかったー(*´∀`*)

*****

この日の午前中はヴェルサイユ宮殿に行ってきました。

P1120070.jpg


本当は最初に中を見る予定だったのですが、ツアー客の中に時間にすばらしく遅れてきた3老人がいらっしゃりまして…。
そのおかげで、時間がおし、宮殿の内部の後で見るはずだった庭を先に短い時間で見ることに…。
(因みにこの3老人は何も悪びれることもなく、宮殿の中でも外でも非常に大きな態度をとっておられたので、正直同じ日本人として非常に恥ずかしかったです;)

さすがというか、なんというか…。
広くてきれいなお庭に、ただただ唖然とするばかり…。
手入れがしっかりとなされていて、木も花も池もきらきらしていました。

あー、もっとゆっくり見たかった!
もっと見る時間がほしかった!

…ぶっちゃけ、3老人が時間通りに来ていれば、ちゃんともっと時間がとれたんじゃないかな…(´v `;)
少なくとも、最初宮殿に着いてから中に入れるか入れないかわからない状態で門の前でうろうろする時間は必要なかったはずだし。

言ってもしょうがないんだけども、くっ、口惜しい…!(;゚Д゚)


宮殿の中は、「豪華絢爛」という四文字熟語がしっくりくるような贅沢さ!
フランスの栄華を垣間見たような気がしました。

ルーが気に入ったのは、マリー・アントワネットのお部屋。
全体的にピンクや金や花柄であふれていて…。
か、可愛かった…!
非常にルー好み!(*´∀`*)


P1120179.jpg


ちょうど鏡の回廊の修復も終わっていて、ちゃんと見ることができたの。

ただ、宮殿内はすごい人であふれかえっていて、あんまりゆっくり見たり(やっぱり時間がいっぱいいっぱいで;)、写真を撮ったりできなかったことが心残り…(´;ェ;`)
いつかもっかいちゃんと見れる日が来るといいなぁ。
半日観光じゃとてもとても足りない!


ヴェルサイユ宮殿の半日観光のあとは、自力でパリを観光してきました。
ルーたちの宿泊したホテルはオペラ地区にあり、徒歩でのパリ観光も可能だったので、今回あえてメトロは利用しませんでした。

P1120311.jpg


まずは、凱旋門ー!

お、大きいー!
ナポレオンがカルーゼルの凱旋門を見て、「これじゃ小さい!作り直せ!」って命令したのがわかるような気がするよー。
いやはや、作り直させただけある大きさ!
カルーゼル凱旋門とは比べ物にならないくらい!

上まで頑張って上ってったよ。
かなりきつかったー!;

螺旋階段がどこまでも続いてるんだけど、その螺旋がねぇ、とにかく小さくて…。
まるでその場でぐるぐる回っているかのような錯覚を覚える始末(笑)。
目がぐるんぐるん回って、ちょっと酔っちゃいました…。

凱旋門の上からはパリの街が一望できて…。
なんともいえない気持ちよさ、そして達成感!


凱旋門を上って下りた後は、二人でシャンゼリゼ通りを歩きました。
なんかシャンゼリゼ通りを一緒に歩いてるっていうだけでちょっぴりロマンチックな気持ちになっちゃうんだから不思議だなぁ~(*´ェ`*)ポッ

人通りが多いんだけど雑然としてなくて、とてもいい気持ちで歩けました。

ルイ・ヴィトンの本店も見ちゃったよ!
なんかすごかった…。


P1120313.jpg


途中でちょっと休憩して、行きがけに買ったアンジェリーナのケーキを食べることに…。
でも、結局フォークがないことに気付いて、マドレーヌだけを食べたんだけども。

因みにこのケーキ屋さん、1903年から続いてる有名なとこなんだって!


それからさらにシャンゼリゼ通りを歩いたり、色々見て回ったりと、徒歩でひたすらパリを観光。
すんごい歩いちゃいました。
自分たちで回ると他に左右されないし、二人で仲良く歩けるから、楽しい♪


大体ほとんどのものを見て回って…突如ピザが食べたい!そぅだ、ホテルのそばのピザハットで注文してみよう!という欲求に駆られたルーと鉄。
鉄矢君がピザを注文して受け取りまで待って、ルーはホテルに戻って色々と準備…。

が、いつまで待っても鉄矢君が戻ってこない。

ピザができるのは注文して30分後の6時半、夕食は夜の7時半からだっていうのに…。
この時点で時計の針はもぅ7時近くを指していました。

探しに行こうにも携帯もないから入れ違いになる可能性もあるし…。
どぅしよう…。
…近くでサイレンの音が聞こえる…。
なんか、怖い…。
よし、7時過ぎたら探しに行こう!

と、半泣きで鉄を待ち続けるルー。
あぁ、7時だ…。

と、その時!
「ただいまー」ってピザを持った鉄矢君が…!

どぅやら、店員が注文をすっかり忘れていたらしく、6時半からの作り直しだから7時になっちゃった、というわけなんだって。

もぅ…!
ダツリキ…。
フランス人に限らずだけど、なんでラテン系の人たちはこんなにアバウト&ルーズなのー!??
宅配ピザとか日本じゃ30分以内で届けにまで来てくれるわよ!

一応お詫びにコカ・コーラのボトルはもらったけど…。
もぅ、レストランに行かなくちゃ行けない時間じゃん!
ピザ食べれないじゃん!
帰ってくる頃には、チーズが固まってるじゃんー!!

悔しかったので、二人でチーズを伸び伸びさせながら半分くらい食べて、走ってレストランまで向かいました(笑)。


この日の夕食はシェフロットというレストランで。

この間のレストランには及ばないけど、ここもまぁおいしかったー!
けど、洋食続きのここ数日…さすがに若干胃もたれ気味…;

鉄矢君はここで出された前菜のサラダに添えられてた臭みの強いチーズがダメだったみたい。
んで、ルーのサーモンのカルパッチョと交換したんだけど…。
これはこれで…味付けが、たぁぷりのオリーブオイルにレモンを絞っただけだったのね。
…やっぱり、もちょっと味がほしい…(´v `;)
あと、オリーブオイルたぁぷりもきつい;
そばにあった塩をひたすら振りかけて食べました。

因みにルーは臭いチーズ平気でした。
むしろ、臭みの強いチーズと甘い洋梨の具合がすごいマッチしてて、おいしく食べれちゃった(*´∀`*)

あぁあ、でも…。
胃もたれとピザ食べてきちゃったこともあって、最後あたりは割といっぱいいっぱいでした…;
ルーの注文したメインディッシュのステーキ、激硬だったし;
いくら噛んでも繊維がまったく噛み切れなくって、ほとんど丸呑み状態で飲み込む羽目に…とほほ;


そしてデザート!

あま~~~~~い!

鉄矢君のがバニラアイスの入ったシューにチョコレートシロップをどばっとかけたもの、ルーのがこれまた激甘のタルト・タタン!
あ、でも、タルト・タタンにはぜんぜん甘くないクリームチーズが添えられてて、それと合わせながら食べたらちょうどいい甘さになっておいしかった♪

結局食べきれなくって残しちゃったけど…;


さてさて、いったんレストランからホテルに戻って、パリのナイトツアーに参加。

生憎と雨が降ってたんだけど、雨できらきら光るパリの街がすっごくきれいだった!
雨が降ってくれて、かえってよかったかもー。

P1120388.jpg


最初に行ったのは凱旋門。
写真を撮るために外に出たら…ルーの晴れ女力のおかげ!??
普通に雨がやんでくれました(笑)。
夜の凱旋門も昼と違った顔があって素敵…vV


次に向かったのはエッフェル塔…。
その場で10分くらい待つと…。

P1120411.jpg



きらきらきら~~~★


夜のエッフェル塔は、23時…だったかな??
になると、きらきらと瞬くんです!

もぅ本当にきらきら★
すっごくきれいで感動しちゃいました。
楽しかったなぁ。

ナイトツアー、すごいお勧めですよー!
フランスでは外が明るかろうが地元民だろうが夜に出歩くのはものすごく危険で、こぅいうツアーじゃないとホテル等の室内でしか過ごせないので、その点でもナイトツアーはいいですよ♪


…それからバスでホテルまで送ってもらって…。
ちょっと休んでから、ピザの残りとアンジェリーナのケーキを食べました。
アンジェリーナのケーキ、これもまた…

あま~~~~~い!!

げ、激甘…ッ!
おいしいんだけど、甘すぎる~;
日本のケーキの3~4倍は砂糖が入ってるんじゃないかってくらいの甘さでした;
砂糖なしの紅茶がほしい~!



あぁ、パリの街とも明日でお別れか…。
本当に楽しかったー!
夢みたいな時間だった。



……。



そんなこんなで、パリで過ごす最後の夜は更けていったのでした…。

テーマ : フランス   ジャンル : 旅行

*新婚旅行4日目*モンマルトルの丘とパリ半日観光。

土曜日にお家に帰ってきました!
やっぱり自分の家はいいなぁ(*´∀`*)

*****

この日は集合時間が8時以降だったので、初めてホテルの朝食を食べることが出来ました♪

P1110818.jpg


ぬぉーっ!
なんだこのおいしさ!

日本のホテルの朝食のバイキングと比べて、パン5種と飲み物5種、あとは3種類のハムにピクルスにスクランブルエッグ、あとはミニチーズ、ヨーグルト等…と、品目が多いわけでもない、割と質素な朝食なのに!

パンが素晴らしくおいしい!
コーヒーもおいしい!


これだけで、満足ー!!(*´∀`*)


個人的に半熟のスクランブルエッグも大好きでしたが!

でも、よくよく考えると、無料でここまで出してくれるホテルも珍しいんだよね…。
フランスのホテルには、朝食はパンとコーヒーのみ、それ以外の料理はバイキングのように並んでたとしても食べた分だけお金をとる…ってとこが多いんだって。
だから最初、パンとコーヒー以外のものを食べてもいいものかすごい迷ったもん。
結局食欲には勝てなかったけどね!(笑)

…無料でよかったぁ。


さてさて、今日はモンマルトルの丘を含むパリ半日観光です。

P1110828.jpg


丘の下には、映画「アメリ」に出てきたというメリーゴーラウンドがありました。

可愛いー!(*´∀`*)
乗りたかったぁ!


そこからはもぅ自由行動だったので、おのおの自由に徒歩なりケーブルカーなりで上にのぼっていってよかったんだけど…。

徒歩、割ときつーい!


思ったよりもずーっと、高い!
階段を登っても登っても、着かない!

しかもここ、たくさんのミサンガ売りがいてねー。
油断してると勝手に腕にほどけないように結ばれちゃって、お金を請求されたりするらしいのよ。
だから、そぅいう人たちとか物乞いの人たちとかを避けて通るのが結構きつかった;
もちろん、スリも多いし!
フランスでは割と、そぅいう貧富の差を感じる人たちをよく見ます。


P1110834.jpg


えっちらおっちら歩いて、なんとかてっぺんへ…。

目の前のサクレ・クール寺院もさることながら、後ろに広がる景色もとってもきれいだった!
パリの街が一望できます。

サクレ・クール寺院の中は、本当に寺院ー!って感じ。
観光客が気安くうろうろしちゃいけない雰囲気…。
でも、中の装飾も凝ってて、すっごくきれいだったのよ。
写真が撮れなくて残念~;


P1110855.jpg


モンマルトルの丘の上には、たくさんの画家さんがいます。
下町のような親しみやすさがあって、なんだかモン・サン・ミッシェルの周りに立ち並んでたたくさんのお店を思い出しました。
こぅいう雰囲気、好き。

もっともっと見ていたかったけど、本当に自由時間が少なかったため、帰りはケーブルカーで急いで降りました。
その降りた丘の麓から集合場所までも、いっぱいいい感じのお店が並んでたんだけどね…。
ほとんど見れず;


P1110897.jpg


次は、エッフェル塔が最もきれいに見える場所とやらで、エッフェル塔を見ました。
ちょっぴり曇ってて、きれいに写真が撮れなかったのが残念;

ここにもスリと、押し売りの類の人たちが多くいて、ちょっぴり困ったり…;


そのあとは、フランスのデパート、「プランタン」へ!

‘Soldes’っていうセールがあっていたせいもあってか、ものすごい人…!
お土産やシリコンのタルト型やニナ・リッチのりんごの香水(ヨーロッパ限定かと思っていたら、最近日本でも売り出されたみたい…?映画「HERO」にも出てきたし)を買ったりして、足がいっぱいいっぱいになるまでうろうろ。


一度ホテルに帰って、適当なお昼ご飯を食べながらゆっくりして…。


夜は正装に着替えて、フランス料理のディナーに出かけました。

オサレな店内にちょっぴり緊張しつつ、カタコトの英語で一生懸命何を食べるのか説明して…。
料理を待っている間に写真を撮ってたら(日本人丸出し)、金髪で白人の何やら格好のいいウェイターさんからテツとのツーショット写真を撮ってもらえたりして。
「メルシ」ってルーがお礼を言ったら‘It's for you!’とウィンクしながらにこやかに言われ、「こんなかっこいい人に言われたら、まんざらじゃないねぇ」などとテツに話しかけたら、「‘It's for you!’…ほら、俺も言ったよー!」と微妙な対抗意識を持たれて、珍しいヤキモチ(?)にちょっぴり嬉しい気持ちになったりしつつ、先ほどのウェイターさんを見たら、私たちが写真を撮ってもらってたのを見た他の日本人客と思しき人たちから「私たちも写真撮ってよ!」と注文を受けているのを見て申し訳ない気持ちになったりしてたら、料理が運ばれてきました。

…どれもこれも、おいしかったー!(*´∀`*)

フランス料理らしく、オサレで、綺麗で…。
フランス旅行で食べた夕食の中で、一番においしかったです。
満足!


んで、最後にデザート…。

これまた金髪巻き毛で白人さんの、まだ少年のあどけなさの残る若いウェイターさんが…。
「Happy birthday to you~♪」
と歌いながら、ホールケーキを持ってくるのが見えました。

この時点でルーは、まだ「なんだろ、この人たちがルーの誕生日を知っているわけないし…。何かのイベント?かな??」などとぼんやり思っているだけでした。


「Happy birthday…to you~♪」


ルーの目の前にケーキを置いて、天使の如く微笑みかけてくる、ウェイターさん。


…え!?
ルー!??


事態がさっぱり飲み込めずにきょろきょろしてたルーに、テツが「おめでとう」と笑っているではありませんか。


…ったー!

やぁあっとわかった!
事態が飲み込めた!



鉄矢君が予め、旅行会社の人に相談して用意してくれてた、サプライズ…だったんだね。



そぅこうしている間に、ウェイターさんが切り分けたケーキを持ってきてくれました。

P1120031.jpg


可愛い…(ノ´∀`*)

マカロン風の不思議な味わいのケーキ。
甘くて、嬉しくて、とっても幸せな気持ちになりました。

そんなわけで、レストランでの食事はロマンチックに終わったのでした…vV

テーマ : フランス   ジャンル : 旅行

Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。