スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になった少年

お父さんとお母さんと妹と私で。
お昼にはリンガーハットでチャンポン食べた。
私は担々麺っぽいの食べたんだけど、普通のやつの方がおいしいみたい。
ちぇー。


以下、感想。
ネタバレ注意報。

about.jpg


面白かった!
面白そうとは思ってたけど、ありがちな下手なお涙頂戴物でもなく、感動するのにすっきりと見れた。
最近の邦画の中では一番だと思う。
最近良くある死んだり甦ったりする恋愛ストーリーはもぅお腹いっぱい。


家族、動物愛護、文化の違い、国を超えた友情、夢…色んなテーマについて書かれているのに、それがごちゃごちゃとしていないんだな。
不思議と。
シンプルだけど、筋が通ってる。

柳楽優弥君は期待以上だったし、常盤貴子さんの母親役も良かった。
常盤さんの母親役、実はちょっと意外だったんだけど…すごくよかったと思う。
好きだな。
常盤さんにぴったりのハマリ役。

ただ、1つ気になったのは…。
象がランディよりもフォーの方が目立っていたような気がすること。
タイでのシーンが結構長かったし、最初は仲良くなれなかったけど仲良くなる…っていう王道をフォーの方とやっちゃったからなんだろな。
でも気になったのはそこくらいで。

そぅそぅ、最後哲夢が死んでしまうシーン。
だらだらとやらずに結構あっさりとしてて、それなのに感動してしまった。
母親の悲しみ方もしつこくなくて、ほどよい感じ。

本当に夢に生きた人だったんだろうなぁ、坂本哲夢さん。
自分の思ったとおりにやるのって、今でも難しくはあるけど、ある程度理解があるような気がする。
でも当時って、きっと色々と大変だったんじゃないかな…。

本当にいいと思える映画。

* * * * * * * * * * * * * * *

(8.5/10点)



*参考*

星になった少年 公式HP
http://www.randy-movie.com/index.html
スポンサーサイト
Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。