スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HBでパン作り。

アップはしなくなったものの、なんだかんだでパンを作り続けてる私。
とはいえ、春からずっとバタバタしてて幼稚園の係になったこともあってゆっくりパンをこねる余裕がなくなってきたりもして…。
でも最近になって、こねだけでもHBに任せたらどうなるんだろう?と思い立って、HBのこね+発酵機能を使ってみた。

…めちゃくちゃ楽ーーー!!

子供とお風呂に入る前にセットしたらあがって子供が寝る頃には一次発酵まで終わってる!
あとは成形&二次発酵&焼くのみ!!
しかも生地の状態も私が手ごねするよりいい感じ…のような…(;´Д`)

思えば、あのHBを買った時、こういう風にも使いたくてモーターの強さに定評のあるMKを選んだんだっけな…。
すっかり忘れてたわ。

もちろん手ごねには手ごねのよさがあるから余裕のある時は自分でこねたいけど、HBを活用することで今度からはもっと気軽にパン作りを楽しめそう(*´∀`)







スポンサーサイト

『ふわふわ手ごねパンとドーナッツの本』の【ハイジの白パン】とアレンジ【コーンチーズパン】、【ソフトベーグル】。

普段作るパンがハード系のパンが多いので、たまにふわふわのパンが食べたくなる。

ので、そういうレシピ本を買ってきてみた。

早速焼いたのが、この【ハイジの白パン】と、それをアレンジした【コーンチーズパン】。





おぉ、まさに求めていたふわふわのパン!
アレンジのコーンチーズパンもおいしい!

レシピ通りに頑張ってたたきごねしたのに全然薄いグルテン膜ができなかったからどうしようかと思ってたけど、ちゃんとふわふわパンになってて安心した~。

にしても、薄ーくのびるグルテン膜って一体どうやったらできるんだろうなぁ。
こね方が足りないんだろうか…。

前に湯だね食パンを作った時、一度だけグルテン膜が自然にできるくらいにのびっのびのすごくいい感じの生地がこね上がったことがあったんだけど、それ以来なかなか…。
あれは一体何がよかったんだろう。
たたきごねとかはしてなかった気がする。
その時に焼き上がった湯だね食パンは、自分も家族もビックリするくらいのしーっとりもーっちりきめ細かい食パンで、あっという間になくなっちゃったっけな。
もっとこね上手になりたーい。
作るのが大変だから余裕のある時しか作れんけど。


ついでに、同じ本に載ってた【ソフトベーグル】も焼いてみた。





横着して普段のやり方の手間を省いたせいでしわしわベーグルになっちゃったけど、味は美味しかった!

普段作ってるベーグルと比べるともっちりよりもふんわりが強いベーグルで、子供にはこっちの方が食べやすいかも?
場合によって作り分けようかな。


この本に載ってるレシピはまさに私が知りたかったふわふわパンのレシピがたくさん載ってて気に入ったんだけど、使うイーストの量が気になるなぁ…。
普段少量のイーストで時間をかけて発酵させてるから、こんなにイースト入れるんだ!って少しビックリしてしまった。
でもソフト系のパンはこんなもんなのかな?

レシピによって色々作り方があるけど、色々作ってるうちにこういう場合はこう、ああいう場合はこうって自分で判断できるようになる日は来るんだろうか~。
とりあえず今は色々作ってみて自分なりのパンを模索してみよう。

『パンづくりに困ったら読む本』の 【山食パン】。

パン作りの基礎が知りたいと思って買った『パンづくりに困ったら読む本』。
パンを作ってて出てくる細かい何故?に答えてくれて、なかなか参考になった。
載ってるパンのレシピ数は多くないけど、基礎の基礎を丁寧に教えてくれてるから、買って損はない本だと思う。

で、それに載ってる 【山食パン】を焼いてみた。





上の部分に空洞ができてしまった…無念。

このレシピはショートニングが入ってる分、すごくさっくりしてて市販の食パンに近い味の食パンに焼き上がったかな。

にしても、たたきごねがよくわからーん!
オーバーナイトで作るハード系のパンには慣れてきたような気がするけど、こういうパンはまだまだ…。
いつかはうまくできるようになるのだろうか…頑張ろう。

こっちは一昨日焼いたベーグルとさっき焼いたばかりの牛乳パン。
何度も作ってる我が家の定番。





牛乳パンはいろんな形にクープをいれて遊んでみた。
細長く成形したつもりだったのに、ふっくふくになってしまった~。
でもすっごくいい匂い…。
食べたい…けど我慢、我慢。

ビストロ辻調レシピ集のじゃがいもパン。

この間焼いたじゃがいもパン。



オーブンのビストロを買った時についてきた辻調のレシピ集のレシピを使いました。

さっくりふんわりなパン生地の中にごろっとじゃがいもが入って、なかなか美味しく焼けました♪

『少しのイーストでゆっくり発酵パン』の【牛乳パン】と【ごま牛乳パン】。

牛乳パンとごま牛乳パンを焼きました。





同じ生地を使ってるのに成形が違うからか、食べた時の食感が全然違ってた。
牛乳パンはふんわりしてて、ごま牛乳パンはハードな口当たり。

この間のプチパンもそうだけど、こうやって色んなものを練り込んだり入れたりするのはすごく楽しい。
もっと色々作れるようになったら菓子パンにも挑戦してみたいな。

今はじゃがいもパンを作ってる途中。
美味しくできるかな~。
Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。