スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のズボラ飯 2巻/久住 昌之 (著)・水沢 悦子 (画)

遅ればせながら、「花のズボラ飯」2巻の感想





一言でいうと…1巻をはるかにしのぐ面白さ!!


1巻もそれなりに面白かったけど、あまりストーリーが進まないし広がりもないし、正直言うとあれがずっと続くんだったら飽きるかもなーって思ってた。
でも、その懸念を見事に覆してくれました。

今まで食べ物を「んっんっ」「はふっん」と食べて「ウンマ~!」とか「う~ん」とか言うだけの人だった(笑)花さんがキャラとして生き生きしてきたねー。
それまでの花さんも好きだったけど、一気に魅力のあるキャラに。
花さんをとりまく人たちや花さんのバックグラウンドを描くことで、人物像にしっかり肉がついた感じ。

そして使えそうなレシピが多かったのも嬉しい♪
豆腐と明太子のご飯とか白菜ベーコン鍋とか変わり種の餃子とか…ズボラレシピとしても内容盛りだくさん!



以下、ネタバレになりますので追記。

→続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 漫画   ジャンル : アニメ・コミック

花のズボラ飯 1巻/久住 昌之 (著)・水沢 悦子 (画)

「花のズボラ飯」って漫画がめちゃくちゃ気になる…。


去年話題になってたけど、賛否両論な感じだよね。
でも、「面白くない」とか「食べる描写がまずそう」とか酷評されればされるほどにあまのじゃくな私は気になる!(笑)
一体どんな内容なんだ~~~!!


で、結局、散歩がてら本屋に行って買ってきちゃったい。


…あれ?

えーーー、なんでこれ酷評されてるの!?
予想に反して(笑)、面白いよ!?


今のところストーリーというストーリーはないんだけど、簡単に内容を紹介するなら「単身赴任の夫を持つ、ぐうたらな主婦の花さんがいかに楽してご飯を作るか考えてる話」w

のんびり読めたし、ところどころくすっと笑えたし…こういう漫画、私は好き。

敢えて言うなら、もっといろんな簡単ズボラ料理のレシピがほしかったかなー。
序盤のクッキングパパのエッグトーストとかベジタブルごはんみたいな…。
この本で使えそうなのはシャケトーとピザトーストのシャンチョビ味と…あとちょこっと。
残りは全部「その日花さんが何を食べたか」であって、レシピでもなんでもなかったりするから…。


 

これ、ズボラレシピを描いた料理漫画って思って買った人はがっかり度が高くなるのかも。
花さんの生活を描いた物語+おまけにちょこっとだけズボラレシピ、くらいに考えて買うべき漫画なんだわ。
タイトルで誤解を招くから酷評も多いんか~、納得。


絵に関しては、すごくうまい絵ではないけど可愛くて好感の持てる絵って感じ。
確かにトーンを使ってないからか料理の絵なんかが若干汚いけど、花さんのリアクションや効果音ですごくおいしそうに見える不思議。
その証拠に、お腹空いたもんw
シャケトーとかピザトーストのシャンチョビ味とか絶対試してみたい!

ただ、食べる時の花さんが妙にエロティックな描写だから、受け付けない人には受け付けないかも。
私は気にならなかったけど…。
料理の絵はクッキングパパのうえやまとちさんも段々うまくなっていったから、長い目で見てもいいんじゃないかな。


あとは「花がズボラすぎる」っていう意見も多いけど、確かにw

だけど、私は花さんの感覚わかるなぁ。
一人暮らししてるとあんななるよねw
さすがに私はあそこまではなかったけど…(多分)
大学時代一人暮らししてた時にのことを思いだして懐かしくなっちゃった。

多分花のズボラさが気になる人は、一人暮らしの経験がない人か、きれい好きな人・ちゃんとした人・きっちりした人なんだろうね。
真逆のぐうたらな私は共感しまくり(笑)。


近いうちに2巻もでるみたいだから、買ってみようっと!




テーマ : 漫画   ジャンル : アニメ・コミック

Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。