スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園グッズ

もうすぐ入園式…。
入園準備に追われまくる私…。
そう、私は夏休みの宿題も最終日までためちゃう女…。


がっ、ようやく終わりが見えてきたーよ…多分…。
入園式は明後日だし、できてない方がまずすぎる(;´Д`)


そんなこんなで作った幼稚園グッズたち。
高校の家庭科以来、初めてミシンを触った私ですが、下手くそながらもミシンに助けられてなんとかかんとか形にすることができました(´v `;)


*****************


●定番の手提げ袋+上履き入れ。

手提げ袋+上靴袋


この時はまだアンパンマン熱が冷めてなかったからアンパンマンの柄にしたけど、今なら絶対トーマス柄をねだられただろうな…。


●ランチョンマット

ランチョンマット



●コップ入れとお弁当入れ

コップ入れ+お弁当入れ



ここまでは未就園児クラスに入れる時に作ったもの。


●追加で作ったコップ入れ

追加のコップ入れ


ランチョンマットと合わせてみた。


●ピップ組木入れ

ピップ組木入れ


採寸ミスで作りなおしたんだよね、これ…(;´Д`)
最後の最後でそれに気づいて、卒倒しそうになったよ…。


●体操服入れ

体操服入れ


このトーマスの布、布がうまく組み合わせられなくてイマイチ…。
無地にした方がよかったかなー。
トーマスの柄はCGじゃなくてイラストの方が可愛くて好きだな。


*****************


ほとんどを未就園児クラスに入れる際に作っていたので、今回は縫い物少な目で済みましたー。
よかったー!
もしも今全部作らなくちゃいけなくなってたら、発狂してたと思う…(-ω-;)

本当はランチョンマットとコップ入れはもう少し作り足したかったのですが、今回は時間がないので断念。
入園後はもう少し時間がとれるだろうし、その時にでも作ろ~。
まだ車柄とぞうさん柄の布が残ってるんだよね( ´∀`)


*****************


はー、さすがに一気に色々作りすぎて疲れたけど、楽しかったー。
また時間を見つけて色々と作り足していきたいなー(*´∀`*)

手提げと上履き入れはミシン使いたての時に作ったやつだから、また機会があれば作り直したいな。
次は内側に別の布を入れたりなんかもしてみたーい。
難しいのかな。

子ども用の簡単な遊び着パンツなんかも作ってみたいんだけどなー。
なかなか実現できず…;
まぁ、ゆくゆくはそうなれたら…みたいな(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ミシン、ミシン。   ジャンル : 趣味・実用

ミシンあっちこっち。

息子の入園をきっかけに買うことにしたミシン
これが数週間も自分の頭を悩ませる種になろうとは…。
(ただ単に私が優柔不断なだけ)

そんなわけで、ミシン購入までの道程を覚書程度に書いておこうと思います。
ミシンを触るのは高校の家庭科の授業以来というミシン初心者の私がミシンを買うまでの長い道のり(大げさ)をご覧あれ…。

とと、ただし、この文はあくまで私の一意見であり、また、色んな人の意見に左右されながら思ったことを書いているに過ぎないことをここに記しておこうと思います。


さて。


まず、ミシンを買うにあたって私がしたこと。
とりあえず、ネット検索!


色々なサイトを見ていくうちに、ミシンを出しているメーカーはたくさんあるが、ブラザー・ジャノメ・JUKIが東証1部上場企業であることがわかった。

他にメーカーのことでわかったことは

・JUKIはメーカーだが、ジューキは販売会社である。
 ジューキはJUKIからベビーロックをもって独立した。

・シンガーはブランドであってメーカーではない。
 シンガーのミシンを売っているのはアメリカのシンガー本社からブランドネームの使用権を買った「シンガーハッピージャパン」という会社である。


また

ミシンの迷信
http://homepage2.nifty.com/mamba/

というサイトから

・ミシン業界は閉鎖的な世界である。
・「おとり販売」と呼ばれる詐欺のような商売が成り立っていた。
・JUKIの子会社が「ミシン無料点検」と称して阿漕な商売をしていたことから業務停止命令を食らった。
・おとり販売についてホームページ上で注意喚起していたのはブラザーのみ。

という情報を得る。


他には

・ミシンは軽いものより重いものの方が安定感があってよい。
・ミシンを選ぶ時はパワー重視で。

といったこともわかった。


この手の修理や調整のいる可能性のあるものを買う時は、できるだけ大手から買うようにしている私。
この時点でミシンを買う会社だけは絞ることができた。

が、ここからが長いんだ、また。


さて、この3社のどこからミシンを買うか…。
そもそもどんなミシンを売っているのか?
それぞれにどんな特色があるのか?
3社のホームページを見てみることにした。


そこまで詳しくは見なかったが、パッと見たとこ、ミシンの初心者の私にミシンのスペックがわかりやすく書かれているのは

ブラザー>ジャノメ>JUKI

だった。

正直、JUKIのホームページはミシンのスペックが事細には出てこなくて初心者の私にはちょっとわかりにくかった。
一番わかりやすかったのはブラザー。
「おすすめミシン診断」なるものもあったりして初心者に易しく、また、おとり販売についても明記されていることからとても印象が良かった。


ミシンの選び方で参考にさせてもらった

おすすめミシンの選び方・初心者も分かるミシン比較・ミシン通販ガイド
http://mishin-guide.com/

というサイトでも、ブラザーのミシンが使いやすいとあったことから、もうブラザーしか見えなくなってしまった(笑)。


そこでやってみた「おすすめミシン診断」。
出てきたミシンは「FM800」という機種だった。

ブラザー FM800


コンパクトミシンながら文字なんかも縫えるし、刺繍までできるというもの。
小物にちょっとした刺繍を付けるとか、素敵やん。
幼稚園の小物に名前を入れたりもできるやん。
ミシン自体のデザインもすごく可愛いやんーーー!!

ネットで買うとフットコントローラーを付けて大体62000円~といったところだろうか。
予定よりも高いけど、これがいい、これがほしい!!

この時点では絶対これを買うつもりだった。


うきうきした頭で、実際お店にも見に行ってみた。

やっぱり可愛いーーー!
そして、縫いやすい!
初心者でも扱いやすそう!!

とりあえず、パンフレットをもらって帰宅。
パンフレットを眺めながら、どうしよっかな~、やっぱり買っちゃおうかな~なんてニヤニヤ。
就寝。


目が覚めて、朝。

冷静になっていた。


「私、刺繍とか使うか…?」


いや、確かにあればあったで使うだろう。
でも。

刺繍機を付けたり外したり、そんな手間を惜しまずにやるか?
刺繍糸が限りなくいるが、それをそろえたらめちゃくちゃコストがかからないか?
それならワッペン買えばいいんじゃないか?
(もちろん刺繍とは全然違うだろうけど)


それより、飾り縫いの方が便利だし、使うんじゃないか…?


そう、FM800にも飾り縫いはもちろんついている。
でもあんまり多くはない。
そこが気になっていたのだ。

さらに、重量。
FM800はコンパクトミシンだから6.2kg、刺繍機を入れても7.5kg…。
やっぱり、軽い。


うーーーーーん…。


後ろ髪をひかれつつ、次に検討したのが、上記のサイト「おすすめミシンの選び方・初心者も分かるミシン比較・ミシン通販ガイド」の管理人さんが買ったという「PC8000」という機種。

ブラザー PC8000


だいぶ前の機種だから値段も55000円くらい。
重量も7.5kgあるし、ステッチ数もなんと533!
欲しかった飾り縫いも十二分にある。
文字も縫える。
ただしこの文字、口コミを見る限りあんまり期待しない方がいい、とのこと。
実際検索をかけてみたPC8000で縫った文字は、「FM800と比べてあまりきれいじゃないなぁ…」という印象。
これならあんまり使わないかもな、と思った。

でも、値段も10000円近く下がるし、いいか。


これを買うとなると、このミシンのレビューが気になった。
色々見てみたけど、うん、結構評判がいい。
やっぱりこれにしよう♪



うきうきしながら、最後に某巨大掲示板のミシンスレを覗く。
ミシンのことが色々書いてあって、面白い。
熟読する。
……。


ブラザー、あんまり人気ないなぁー…。
いや、機種によってはいいみたいなんだけど…。
(フェリエとかはいいらしい?)
色々読んでみたところ、昔のブラザーのミシンはよかったけれど、最近のブラザーのミシンは高いものでない限りパワーが足りないんだとか…。
確かに重量を見ると、他の会社の出している同じ値段のミシンよりも軽いのが気になってた。
うーーーん…。

そしてやっぱり気になるのが、文字。
きれいじゃないなぁってあんまり使わないなら、別の機種を買った方がいいのではないか…と思ったりもして。

そしてある記述が目に留まる。
掲示板でいいって言われているJUKIの「エクシード キルトスペシャル HZL-F600JP」が、ネット価格なら6万程度で手に入るらしい。

JUKI エクシード キルトスペシャル HZL-F600JP


えっ、私が買おうとしているミシンとほとんど変わらない値段でこんなよさそうなのが手に入るの…?


また気持ちが揺れはじめた。


更に色々調べてみて…。
最終的に出した結論。


ミシンにかけるお金が

3~4万ならジャノメのJP-500(JP-510)
5~6万ならJUKIのエクシード キルトスペシャル HZL-F600JP
7~8万(それ以上かも?)ならジャノメのCK-1100もしくはCK-1200

がいいのかなぁ、と。
(価格はネットで買う場合に限る)


だから…。
悩みに悩んで、次に買おうとしたのがジャノメの「JP-510」。

ジャノメ JP-510


文字も縫えないし、飾り縫いもあんまりついていない。
すごくシンプルなミシンだと思う。
でも、縫い目がきれいだしパワーも十二分にあるんだとか。

ただこのミシン、自動糸切りがついてないんだよなぁ…。
ついていたらもっとよかったのに。
ないならないでもいいけど、あった方が便利だろうからなぁ。


本当は、JUKIのエクシードがほしかった。
飾り縫いも文字も縫えるし、自動糸切りもついてるし。
だけど値段のことも考えて、私の腕ならまずシンプルなミシンで自信をつけてから、そのあとミシンでいろいろ作りたくなったらエクシードを買おうと思ってた。


そして日曜。
ネット価格とさほど変わらない値段で売っているミシン屋さんに行ってみた。
最初のミシンだし、お店で買った方が壊れた時に修理を頼みやすいと思ったから。

したら、あったあった!

ジャノメのJP-510!!
そしてその近くに、JUKI エクシード キルトスペシャルが…。

まずは、試し縫い。
うん、評判通り!
安定感もあるし、さくさく縫える。
でもやっぱり自動糸切りはあった方が便利だっただろうな。
せっかくだから、エクシードの方も試させてもらうかー…。

…。
……。

なんだこれ。
ぬ、縫いやすいーーー!!
ミシンにほとんど触ったことのない私が言うのもなんだけど、なんでか、とにかく縫いやすい!

自動糸切りはもちろん、膝を動かせば押さえが上がるのも便利!
フットコントローラーのかかとに力を入れてぐっとやれば糸が切れるのもいいーーー!!
楽しい!!


…あーーー………。


「検討してみます~」とか言いながら、その場を後にした私。
だけど、もう心は決まっていた。


エクシードを買おう。





はい、ここに至るまでに2週間もかけた私ですよ。
我ながら馬鹿みたい;

単純な私のこと、きっと最初のFM800を買ってもPC8000を買ってもJP-510を買っても、新しいミシンで楽しく遊んでいただろうと思う。
どれもいいミシンだと思うし、どれを買ったとしても後悔しなかったんじゃないかな。

でも、2週間もかけて調べに調べて悩みに悩んで選んだミシン…。
だから、きっともっと楽しめるはず…と信じたいw
ミシンについても色々わかったし、紆余曲折はしたものの悩んでよかった!
まぁ悩みすぎた感はあるけど…旦那さんあきれてたし(´v `;)

そして注文してからわずか2日程度で届いたエクシード。
まだ買って1週間くらいしか経ってないけど、実際に家で使ってみてもやっぱり、いい。
縫い物が楽しくなってきたし、頑張ろうー(*´v`*)
Self-introduction

ルー

Author:ルー
ルーはルー。
ルー大柴でもカレーのルーでもありません。

Category
Tree-Arcive
Search
Comments
Trackback
Tag

幼稚園グッズ 消しゴムはんこ 漫画 感想 ミシン こども 旅行 育児 

ルーの食べ歩記

Social Library
Links
Counter
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。